それってお灸の出番です
Vol.24冬の妊活は冷えとりファーストって?

寒さがきびしくなってくると、お肌がカサカサ乾燥しても、冬だからとそのままにしていませんか
私たちのカラダは寒くなると、大切な臓器を守るためにカラダの中心温度を維持するために血液を集めます。
その結果、末端である皮膚表面への血液が十分めぐらなくなってきます。

そしてお肌への十分な栄養や酸素が届かなくなり、ターンオーバーも乱れて肌の乾燥やくすみがおこってくるのです。
いわば冷えは、血のめぐりの低下のサインなのです。
妊活の主役でもある子宮や卵巣は、カラダの中でも一番あたたかい骨盤の中で大切に保護され、大量の血液が流れこんでくることで正常に機能するしくみになっています。

しかし冷えが進行して、血のめぐりが低下して栄養や酸素が十分に届かなくなると子宮や卵巣の働きに支障がおこり、生理痛やPMS、生理不順などのトラブルにつながり、又ホルモンや自律神経のバランスをくずすことにも
よく体温が1℃あがると免疫力が30%UPするといわれますが、体温があがると血のめぐりもよくなり、カラダの機能もスムーズになります。
だから冬の妊活はカラダを温めることを、まず第一に
カラダをあたためる食事を意識する、ぬるめのお湯でじっくりカラダをあたためるなどの生活習慣を大切にするとともに、血のめぐりをよくするお灸もお役立てください。
ツボは、「三陰交」「湧泉」がおすすめです。
冷えとりファーストこそ、冬の妊活なのです。


バックナンバー