2020.9.24

それってお灸の出番です
Vol.20妊活には質の良い睡眠がかかせないといわれますが

新型コロナウイルスで自宅で過ごす時間が増え、なれないテレワークや連日のセンセーショナルに報道されるコロナニュースで、不安や心配でストレスがつのり夜眠れない、夜更かしがつづく、朝起きれないなどの症状で、今、病院を訪れる人が増えているそうです。

私たち睡眠とは「脳の休息タイム」と呼ばれる深い眠りの「ノンレム睡眠」と「カラダの休息タイム」と呼ばれる浅い眠りのレム睡眠が交互にくり返されます。
睡眠とは脳やカラダを休めることで昼間のつかれを回復するという役割の他にも、昼間のストレスを解放したり新陳代謝を高めて細胞の修復をしたり、新しい細胞を生みだしたりもします。
さらに脳の中では昼間の情報やデータを整理するなど、目ざめた時にはすっかりリセットできているようにカラダも脳も夜眠っている間も活動しつづけているのです。
よく妊活にとって大切なことのなかで、バランスの良い食事、適度な運動と並んで必ずあげられる質の良い睡眠とは、夜眠っている間にも休みなく脳やカラダが活動できる睡眠のことなのです。
妊活にとって最も大切な女性ホルモンの分泌もこの夜眠っている間に行われます。
この女性ホルモンは、卵巣から分泌されますが、その指令を出すのは脳や神経。
だからストレスや夜更かしで睡眠不足などがつづくと指令を出す脳の機能や自律神経の働きにも変調をきたし、その結果女性ホルモンの分泌にも影響してきます。
だから妊活にとっては質の良い睡眠で、女性ホルモンの分泌をうながし、又、自律神経の働きをととのえることで血流を改善し子宮や卵巣にも十分酸素や栄養を届くことが欠かせないのです。
安眠には手の「労宮」、足裏の「失眠」のツボにお灸がおすすめです。


バックナンバー