それってお灸の出番です
Vol.29妊活には自律神経の乱れはタブーだそうですか

今、夏といっても、どこもエアコンがきいて快適です。
「あっ 涼しい」と一日に何度この言葉を口にしていることでしょう。しかし少し時間がたつと「少し寒い」ということもしばしば。
こうした屋外屋内の寒暖差をカラダが感じるたびに働いているのが自律神経なのです。

自律神経とは、本人の意志に関係なく生命機能を維持するために24時間働きつづけています。
いわば私たちが生きていくために必要なカラダの機能のすべてをコントロールするという大切な役割をはたしているのです。

自律神経にはアクセルにあたる活動的な交感神経と、ブレーキにあたる副交感神経がバランスを保ってカラダを守っています。
エアコンでカラダが冷えると交感神経が働いて、熱を逃さないように血管を収縮し、熱を貯えます。
そして屋外に出て暑いと感じた時は、血管をゆるめて血液を末端にまでどんどん流し、汗をかいて熱をカラダから放出します。

しかし、一日の中で何度も屋外と屋内の出入りをくり返す生活がつづくと、次第に自律神経のリズムがくずれてきます。
さらに、自律神経はストレスにもとても敏感です。
ストレスを感じると自律神経は交感神経が優位になり、緊張がつづきます。いわば緊急事態がつづくことになり、生命維持をメインとする自律神経にとって消化とか、生殖はこの二の次になってきます。

その結果、子宮や卵巣への血のめぐりが低下し、ホルモンのコントロールもうまくいかなくなるため、妊活には自律神経の乱れの改善はマストなのです。
妊活にとって大切な自律神経をととのえるには原則、正しい生活、適度な運動、十分な睡眠などは欠かせませんが、お灸も有効です。
くわしくは、「形井先生に学ぶ お灸で妊活」の「お灸で自律神経をととのえる(動画)」をごらんください。

バックナンバー