2019.3.11

気滞
東洋医学では、その人その人の体質にあったケアが大切と考えます。
同じ不調でも体調によってとりくみかたが変わります。
せんねん灸では、カラダをめぐる「気・血・水」の過不足によって6つの体質に分けています。

気滞(きたい)とは?

「気」の流れがとどおこり、流れが悪くなっている状態です。
「気」とは動かす力、エネルギーのこと。
「気」は流れが悪くなると、詰まりや痛みになるため、胸やのどがつかえたり、肩コリや冷えのぼせは起こります。

日々の生活で気をつけること

精神的ストレスが原因となっていることが多いので、気分転換をうまくとり入れてストレスをためこまないように気をつけましょう。


体質チェックはこちら→