それってお灸の出番です
Vol.30夏の妊活ファッションには温活ファーストが鉄則

いつまでも美しく
もっとスリムに、もっとスタイルよく、カラダのラインを美しく見せたいとカラダをしめつけてはいませんか。
妊活中、最も大切なのは血のめぐりです。

おなか廻りや、ヒップを締めつける下着や、ウエストやヒップにピタピタのタイトジーンズなど、腰まわりや下半身にタイトなウェアは骨盤や下半身の血のめぐりを悪くします。
妊娠力を高めるためには子宮や卵巣が元気であることが絶対です。
そのためには子宮や卵巣に新鮮な血液がスムーズに届いていることが大切です。

又、妊娠に欠かせない卵巣や子宮の働きを支配している女性ホルモンも血液によって卵巣や子宮へ運ばれるために血のめぐりは欠かせないのです。
そしてカラダを締めつけるウェア以外にもカラダを冷やすミニスカートやショートパンツ、おへその出たショート丈のTシャツなど夏に気持ちいいファッションは残念ながら冷房のきいた室内などでは妊活中にはあまりにも無防備。
女性は男性に比べ筋肉が少ないため、つくり出せる熱も少なく、そのためにはカラダが冷えやすく、血のめぐりも低下するからです。

妊活中はカラダを暖かく守る温活が第一。なかでも大切なお腹まわりを守るためには、はらまきの活用もおすすめ。
今ではウエストウォーマーとも呼ばれ、薄手でファッショナブルなものも多いのでぜひ。そして外出にはひざかけにもなるショールなども、カラダを冷やさないためには必須です。

そして、足の三陰交へのお灸も下半身の冷えにはおすすめ。
はったままで温熱が3時間持続する火を使わないお灸太陽をどうぞ。

バックナンバー