それってお灸の出番です
Vol.27妊活にはメイクセラピーもとすすめられたのですが

メイクセラピーとはメイクすることで心を前向きにする療法のこと。
“これでいいのかな” “あれもやったほうがいいのかな” 妊活にはとかくいろいろ不安が頭をよぎることも。
しかし勉強とか、仕事のように一定期間頑張れば 結果がでてくるものではないのが妊活。始めて数ヶ月でめでたくの場合もあれば数年かかることも。
気にしないでいつものようにと思っていても、時には急に不安になったり落ち込んだりすることもあります。
その上、今年は一年をこえてもまだ先の見えないコロナ禍で、自分の意思で外出自粛など行動を制限されるなど、ストレスもつのる毎日です。
妊活とは妊娠しやすい健康なカラダづくりといわれます。そのためにも思い悩んだりストレスをためることは妊活をめざすデリケートな女性のカラダにとってはタブーです。
今、必要なのはポジティブシンキングを心がけること。
ポジティブシンキングの第一歩は、現実を客観的に見つめること。妊活に取組む自分の行動をあらためて検証してみること。そうすることで悩んでいたことが意外にそんなことだったのかということもあります。
そして、自分の意思でなにかを実行するという時間を生活の中に組込んで、自分の意思で行動することでも達成感や満足感が得られるものです。
例えば化粧することも有効です。妊活まっしぐらになっていませんか。化粧はするうちに自分がどんどん変わってきます。気持ちだって前向きになってきます。
化粧することの心理的効果は今、医学的に注目され医療や介護の現場でメイクセラピーとして認められてきているのです。
妊活はやがてやってくる赤ちゃんを迎える活動です。
それだけを思いえがいて、日々を送ることが大切です。
不安やストレスで乱れがちの自律神経の働きをととのえる養生のツボは手の合谷です。

バックナンバー