2019.3.11

瘀血
東洋医学では、その人その人の体質にあったケアが大切と考えます。
同じ不調でも体調によってとりくみかたが変わります。
せんねん灸では、カラダをめぐる「気・血・水」の過不足によって6つの体質に分けています。

瘀血(おけつ)とは?

カラダの血液のめぐりがとどおこり、血行が悪くなっている状態です。
生理のとき、痛み止めを飲まないといられない痛みがある人は、要注意。
子宮周辺の血流のめぐりが悪くなっているかもしれません。

日々の生活で気をつけること

「気」のめぐりをよくしましょう。
骨盤を動かし血行をよくする体操やウォーキングで全身の血液のめぐりをよくしましょう。
冷えやストレスは血行不良の原因となるので注意しましょう。

体質チェックはこちら→