全国の子宝スポット
VOl.11 大阪・玉造稲荷神社

玉造稲荷神社は紀元前12年に創建され、大阪では最も古い神社です。

五穀豊穣を感謝する稲荷神社ということもあって、玉造稲荷神社は商売繁昌、家内安泰、子授け、子孫繁栄の神社としてひろく親しまれています。

玉造の社名はかつてこのあたり一帯は玉作岡と呼ばれ勾玉をつくる玉作部が住んでいたため、玉造の地名が伝えられています。

子授けや子孫繁栄を祈願する時、境内の「なで子持勾玉石」にふれながら行うと、より願いが届くとされています。

玉造神社の子授け、子孫繁栄のお守りの土鈴はこの子持勾玉をかたどっています。

玉造稲荷神社
大阪市中央区玉造2丁目3番8号
●JR大阪環状線 森ノ宮より 徒歩5分