全国の子宝スポット
vol.3 東京・日枝神社

日枝神社(東京都千代田区)「子授矢」



【日枝神社・東京】
子宝スポットとして有名な東京の「日枝神社」は明治神宮や靖國神社などと並ぶ東京五社のひとつであり、江戸三大祭りの山王祭もおこなわれている神社です。
日枝神社の主祭神は山と水を支配して万物の成長を守る山の神様「大山咋神(おおやまくいのかみ)」。

お守りの「子授矢」
紅白の矢に「子授」と書かれており、この矢を寝室の寝床に置くと、ご利益があると言われています。
朱塗の「子授矢」は山の神さま大山咋神の化身・子授けのお守りとして知られています。

「メスの神猿像」
本殿の両側には狛犬ならぬの「神猿」が御祭神のお使いとしてひかえています。
なかでも左側の子猿をだいている母猿には子宝 安産をひきよせるとされそっとふれて願う人がたえません。

日枝神社
東京都千代田区永田町2-10-5
●千代田線・赤坂駅(出口2)徒歩3分
●南北線・銀座線溜池山王駅(出口7)徒歩3分
●千代田線・国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
●銀座線、丸の内線・赤坂見附駅(出口11)徒歩8分