全国の子宝スポット
vol.4 奈良・子安山 帯解寺

大和今市 帯解寺。山号は子安山。
子安とは、安産の意。その字の如く日本最古の安産 子授けのお地蔵さんと古くからひろく親しまれてきました。
御本尊の帯解子安地蔵は国の重要文化財に指定されています。
平安時代、文徳天皇の皇后が長く子宝に恵まれませんでした。
そこで帯解寺の子安地蔵に祈願したところ無事ご懐妊、のちの清和天皇の誕生となりました。
文徳天皇はいたく喜び伽藍を建立、帯解寺の名をおくられたのです。
以来1000年をこえて子授け、安産祈願のお地蔵さんと地元奈良はいうに及ばず遠くからもお詣りの人がたえません。
ここで子授け安産を祈願した人はお宮詣り、七五三にもお詣りする人が多く、境内にはいつもカップルにまじって赤ちゃんの元気な姿もみられます。

帯解寺
〒630-8444 奈良県奈良市今市町734 
●JR万葉まほろば線(桜井線)「帯解」駅より北へ徒歩5分