2018.4.24

妊活のこともっときいていいですか
Vol.27卵子品質向上には十分な睡眠が必要?

胎児の頃には500万個も用意される卵子ですが、生理の始まる頃には20~30万個になっています。そして毎月の生理のたびに数百個ずつ減少していきます。
毎月の排卵に備えて卵胞刺激ホルモン(FSH)の指令で数十個から数百個が目をさまし、成長をはじめます。しかし、この中で排卵までこぎつけることができる卵子は一番成長の早かった一個だけ、残りは自然に成長を止め、卵巣の中で吸収されます。

20代では最初に用意される卵子の数は数百個ですが加齢に従って毎月目をさます卵子の数はどんどん減少するため、排卵にまでこぎつける卵子のクオリティの低下もおこってきます。
しかし日々の生活に気をくばることでこの卵子品質は向上させることも可能です。

毎月の生理周期を規則正しくし、排卵をうながし卵胞を成熟させるホルモンバランスをととのえることが大切。朝起きて夜は眠るという生体リズムにあった睡眠こそが卵子品質向上につながるのです。