それってお灸の出番です
Vol.28ひとりで抱え込んでいませんか

結婚年齢の高齢化もあって、ほとんどの女性が何らかの妊活に取り組んでいるといわれる今、妊活の情報があふれています。
妊活から妊娠までの長さは、その人その人によって変わります。
妊活を始めてすぐ妊娠という女性も多いのですが、一年、二年なかには五年でおめでたという人もいます。
だから妊活はあくまで自分のペースで取り組むことが大切なのです。
しかし、赤ちゃんがまだとか“あの人のほうがあとから結婚したのに早いオメデタ”とか、はては押しよせるネット情報などで、自分は妊娠しにくいと思いこんだりなど、妊活には何かとさまざまなプレッシャーでストレスに悩むことが多いのです。
妊活中の女性にとって、パートナーや親しい友達より、同じ妊活中の女性の言葉がうれしい、ホットするという声もよくききます。
妊活中はなるだけストレスフリーに、自分を信じてともよくいわれますが、妊活中に女性にとってはなかなかそんな具合にはゆかないの現実です。
妊活とは、こうあるべきと自分にきびしく、何事も完璧にやりたい、守らねばと、自分の頭の中でつくりあげた理想のカタチにとらわれて、立往生しているというケースもよくあります。
妊活とは「先の見えないトンネル 突然光が見えてくる」とよくいわれるように、理想のカタチを追っかけることが100%結果につながるかけではなにのです。
自分で自分をせめて、それがストレスとなり、外に対してまで殻に閉じこもっていませんか
妊活とは、決して貴女だけのことではありません。だからひとりで抱え込むことではないのです。
妊活中の貴女の周囲にはパートナーだけでなく、どう手をさしのべていいのかわからないだけで、貴女のことを心から心配し、ハラハラしながら、見守ってくれる人も多いのです。
ひとりで落ち込み、心もシャッターを閉じてばかりではなく、時には周囲に声をかけてもみることで案外するすると心がほぐれることもよくあります。
決してひとりで抱え込むのではなく、イライラ ストレスで心が重くなった時はお灸もおすすめです。
気持ちが落ち着き、平常心がもどってきます。 ツボは手の「合谷」がおすすめです。

バックナンバー