VOL.38 兵庫・宝塚神社

六甲山の山すそ、東のほうに開けた見はらしの良い高台に位置する宝塚神社。

宝塚神社はあの「タカラヅカ」で知られる兵庫県宝塚市にあります。
背面の岩倉山 行者山 譲葉山に囲まれ、かつては日吉神社と呼ばれていましたが、今では宝塚神社。

高台にあるところから明るい社殿。
御祭神は大山祇神(おおやまつみのかみ)と素盞嗚神(すさのおのみこと)

大山祇神は日本神話に登場する山を支配する自然神。
その創建はさだかではないのですが、平安時代にまでさかのぼることができるほど宝塚神社には歴史があります。

大山祇神は山の神さまであり、商売繁盛、安産の神さま。
素戔嗚尊は農耕神であるとともに厄除け、縁結びの神さまでもあるのです。

そしてひろい境内にある摂末社のひとつが塞神社。
塞神社は夫婦和合、子授けの神さまとして知られています。

宝塚神社の子授けのお守りはふっくらしたかわいいお守り、お詣りの人がたえない宝塚神社なのです。

天候が良いと宝塚の街並みはいうに及ばず大阪 生駒まで見えるところから、初日の出のスポットとしても知られています。
初日の出を拝んで初詣もできるそれが、宝塚神社なのです。

宝塚神社
兵庫県宝塚市社町4番8号
・阪急逆瀬川駅・小林駅より徒歩約10分