全国の子宝スポット
vol.5 京都・東天王 岡崎神社

微妙に表情のちがう、うさぎが運んでくる「うさぎみくじ」
京都 岡崎「うさぎ神社」はこのうさぎのかわいさで今、全国的な人気となっています。

うさぎ神社の正式の名前は「東天王 岡崎神社」
平安京が開かれた時、王城を護るために都の四方につくられた神社のひとつ。
東に位置したところから「東天王」と呼ばれてきたのです。

御祭神の速素盞鳴尊(すさのをのみこと)と奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)が
たくさんの御子神にめぐまれたところから、子授け安産の神さまとして信仰を集めてきたのです。

又うさぎ神社のあるこのあたり、かつては多産で知られるうさぎが多かったところから、
いつしかうさぎが神さまのお使いとされ狛犬もここでは狛うさぎが神社を守っています。

ペアの子授けのお守りにもかわいいうさぎが。
境内のいたるところでお詣りの人を見守るかのようなやさしいうさぎに
囲まれているうちにいつしかパワーをいただいている気がしてきます。

東天王 岡﨑神社
〒607-8305 京都市左京区岡崎東天王町51番地
●市バス 32番、203番、93番、204番「岡崎神社前」下車
●市バス 5番「東天王町」下車 京阪 神宮丸太町駅下車 地下鉄東西線 蹴上駅下車